首都圏にあるキャバクラ、特に高級キャバクラには美意識の高い女の子がとても多い印象です。
美貌の持ち主であるのはもちろんスタイルも抜群で、自分磨きにも余念がありません。
また
「週5日8時から必ず勤務。よほどの事がない限り絶対に休まない」
「顧客やキャバ嬢、スタッフの悪口は絶対に言わない」
と強いポリシーとプロ意識をもつキャバ嬢も少なくありません。

首都圏のキャバ店は数が多いのですが、その裏でし烈な生き残り合戦が繰り広げられています。
水商売は厳しい世界。だからお店もキャバ嬢も、自己研鑽しなければ現状維持もままならなのですね。

このページでは首都圏で働くキャバ嬢のレベルについてまとめています。

  首都圏でも人気のあるキャバ嬢の特徴   

新宿・歌舞伎町には一晩でなんと2,800万円もの売り上げを達成した伝説の現役キャバ嬢がいます。
その方の名前は、皆さんご存知の"愛沢エミリ"さん。

キャバクラの世界だけではなく、今や一般の方にもその存在が知られている有名人です。
他にも"天使かれん"さんや"愛咲マリン"さん、"一条響"さん、"水輝まや"さん、"桜井みなみ"さんなど、首都圏のキャバクラで働く超人気キャバ嬢は皆さん綺麗。

宣材写真はキャバ嬢にとって非常に大切なものなので、最新メイクとキャラに合った衣装、スタジオで綺麗な写真を撮影し、HPに掲載しています。

人気のあるキャバ嬢に共通する事は下記の通りです。
「ドレスが映えるスリムな体形」
「自分の魅力を引き出す衣装」
「肌が綺麗」



胸の大きさに自信のある方は胸を強調した衣装を身につけるのは当然ですし、目力のあるキャバ嬢はカラーコンタクトで更なるインパクトを狙っています。
清楚さが売りのキャバ嬢は白いドレスで純粋さをアピール。
それぞれ自分の個性と魅力を知った上で、上手に自己アピールしていますよね。

売れっ子キャバ嬢はまず、自分の個性や魅力を知った上でそれを100%発揮できるように自己演出する能力があるのです。

  美意識を支える努力   

高級店になればなるほど、キャストの容姿に対する要求が厳しくなります。
夜の仕事はお酒をたくさん飲み、アフターで食事を奢ってもらうなどで体形を維持するのが大変です。
「今日は飲み過ぎたから明日は食事の量を抑えよう」「少し運動しよう」「最近寝不足だから、今日は8時間眠ろう」など自己管理がとても重要です。

またエステやネイルサロンに通う、美容室で髪型を整える、自分に合う衣装や小物を揃える、スポーツジムに通って体を鍛えるなど自分磨きは怠りません。
多くの顧客の前で一人のキャバ嬢を演じなければならないのですから、人並み以上の美意識と努力をするのは当然。

特にトップレベルに君臨するキャバ嬢に手抜きはありません。
それがプロ根性なのです。